Adobe PDF Library

アプリケーションの開発において、中心機能でないPDFファイルのサポートのために、まだ多くの時間や手間をかけますか?
Adobe PDF Library APIを使用することによって、開発中のアプリケーションにPDF操作の機能を加えることができます。そして、アプリケーションの中心機能の開発に集中できるようになり、効率的な開発が可能になります。


Adobe PDF Libraryとは

Adobe PDF Libraryは、信頼性の高い強力なPDF処理機能を、アプリケーションに迅速に追加させることのできるSDKです。 Adobe Acrobatの内部で使用されているのと同じコア・テクノロジーを使用することで、強力なクライアント・サーバベースのPDFソリューションを構築することができます。
下記の機能が提供されます。

■広範囲な機能性
■最新のPDF仕様との互換性
■.NETおよびJavaインターフェース
■各種プラットフォームのサポート
■高性能、スケーラブルな最適化されたPDF処理

PDF Libraryは、以下の用途などで使われています。
■独自のドキュメントビューアーの中でのPDFの展開、表示
■Unicode、2バイトフォントなどの使用された多言語のレポートの統合
■PDFからテキストを抽出し、インデックスを作成すること
■製版、プリプレスのワークフローでPDF文書のコンテンツを扱うこと

Ver.X (10)について

Adobe PDF Libraryの最新版は、PDFバージョン1.7のPDFファイルを作成、処理することができ、また以下のような新機能を含んでいます。

・Acrobat Xとの互換(PDF操作のみ、AcrobatのUIおよび拡張機能を除く)
・Linux 64-bitプラットフォームのサポート
・Leopard(Mac OS X 10.6) 準拠
・より高精度で大きなイメージへのレンダリング 他

お問い合わせはこちらから

イースト株式会社 事業推進部