2014年03月06日

旺文社の英検予想問題ドリルがauスマートパスに登場

~ 英語学習の登竜門“英検”の問題を一挙5級分お届け!! ~

イースト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:下川和男)は、KDDI社が運営するauスマートパスに「英検予想問題ドリル」の提供を開始しました。旺文社発行の『英検予想問題ドリル』(音声CD付き書籍)をスマートフォンで快適に利用できるようにした本アプリは、auスマートパスにおいて英検の実戦形式に対応した初めてのアプリとなります。

iPhoneをはじめスマートフォンの普及が急速に進む中高生は、英語検定の主要受験者層と重なります(*例年、英検受験者全体の7割に相当する約170万人の中高生が英検を受験)。auスマートパスの「英検予想問題ドリル」を使えば、好きな時に好きな場所で、中高生のライフスタイルに合わせて、効率よく英検対策の学習をサポートします。
(*公益財団法人 日本英語検定協会 ホームページ参照)

●5級~2級までの全5級分を本アプリで網羅。(準1級~1級は後日追加予定。)
●各級が、筆記試験7回分・リスニング試験2回分(5級のみ3回分)を収録。
●出題形式別の「ドリル」で、特定の出題形式を重点的に学習することが可能。
●リスニング問題ではHTML5の技術を採用し、音声データ先読みによるストレスフリーな音声再生を実現。

「英検本番の試験に形式も内容もそっくり」と大好評の「英検予想問題ドリル」の特徴を生かし、解答のインターフェースをマークシート風に工夫しました。
コミュニケーションやゲームだけではなく、身近な学習ツールとしてもスマートフォンが一層活用されること。そして本アプリが、間近に控えた英検の合格と次の級を目指そうとするモチベーションにつながれば幸いです。

※本プレスリリースに記載された会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

英検アプリ画面1
トップ画面
英検アプリ画面2
3級メイン画面
英検アプリ画面3
7日間ドリル学習メニュー
英検アプリ画面4
リスニング問題

会社概要

イースト株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-8

WEBサイト:http://www.est.co.jp

1985年に東京渋谷区に設立されたソフトウェア開発会社。Windowsベースのソリューション、サーバーソリューションで多くの実績があります。近年は、iOSやGoogle Androidを含む最新のクライアント技術やHTML5にまで力を入れ、クライアントとサーバーとの相互作用を必要とする高度なソリューションを開発しています。2010年度、総務省の電子出版環境整備事業において、EPUB日本語拡張仕様策定を受託し、縦書き等日本独自の仕様の標準化、普及に尽力しました。

お問合せ先

イースト株式会社 コンテンツビジネス事業部

メールアドレス:dejizo@est.co.jp

お問い合わせフォーム:http://www.est.co.jp/Contact/All