2014年05月22日

イースト、NewsBoxを日刊スポーツ印刷社の組版システムと連携

~ 入稿→組版+多展開のトータルソリューションが可能に ~

イースト株式会社(本社:東京都渋谷区代々木2-22-8、代表取締役社長:下川和男、http://www.est.co.jp )は、新聞記事作成・編集・面指定・検索のトータルソリューションである「NewsBox」(ニューズボックス)を、株式会社日刊スポーツ印刷社(本社:東京都中央区築地7-8-5、代表取締役社長:落合勝安、http://www.nikkansp.co.jp )の組版システムと連携させ、入稿から組版、Webやスマートフォンへの多メディア展開を実現する、ワンソースマルチユースのトータルソリューションの提供を2014年5月より開始しました。

 【株式会社日刊スポーツ印刷社様エンドースメント】
今回の組版システム更新にあたり、弊社が受託中の業界紙で既に使用中であったNewsBoxの利便性・可変性に着目、紙面データの有効利用を図るべくイースト(株)さんも交えた開発を実施いたしました。その結果、NewsBoxと組版システムの自動連携により、作業の効率化と他メディア展開を同時に実現することが可能となり、弊社のお客様にも好評を得ております。

新聞掲載用データを組版システムに自動的に取り込む仕組みは以前から存在していましたが、掲載結果を自動的に書き戻し、紙面イメージとあわせてDB的検索機能を構成したり、Web向けデータとして展開するには大掛かりなシステムが必要であり、業界紙やミニコミ紙が自社で構築するのは困難でした。

今回、NewsBoxと組版システムの自動連携により、大仰なシステムを構えることなく、安価かつ汎用的な機器構成で大手新聞社と比しても遜色ない仕組みを業界紙等のお客様に提供できる環境が整ったことは、弊社にとってもお客様にとっても有意義かつ画期的なことと言えます。

全国のブロック紙、地方紙、専門紙、タブロイド紙などに対して、大手新聞社が実現している入稿から組版、Webサイト、外販、スマートフォンへの配信など、多メディア展開のためのリーズナブルなトータルソリューションを、日刊スポーツ印刷社様と協力して提供していきます。

■NewsBox について

NewsBoxは、イーストが開発し、11年の運用実績がある新聞社様向けのシステムです。インターネット経由でブログ感覚で入稿したデータをNewsML(XML)として組版へ自動で流し込み、また組版からの最終データも自動で戻してWEB・外販・メディア・過去記事検索サービスなどに多展開します。

  • ポイント 1:ライセンス型による安価な価格設定を実現!
  • ポイント 2:11年間の運用実績がございますので、安心してご利用いただけます!
  • ポイント 3:クラウド対応のサーバシステムにより、記者・編集者共にネットに繋がっていれば何処でも作業可能!(※IE、Chrome、FireFoxに対応)
http://www.newsbox.jp/

会社概要

イースト株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-8

WEBサイト:http://www.est.co.jp

1985年に東京渋谷区に設立されたソフトウェア開発会社。Windowsベースのソリューション、サーバーソリューションで多くの実績があります。近年は、iOSやGoogle Androidを含む最新のクライアント技術やHTML5にまで力を入れ、クライアントとサーバーとの相互作用を必要とする高度なソリューションを開発しています。2010年度、総務省の電子出版環境整備事業において、EPUB日本語拡張仕様策定を受託し、縦書き等日本独自の仕様の標準化、普及に尽力しました。

お問合せ先

イースト株式会社 営業部
Tel : 03-3374-0552 / Fax : 03-3374-2998

メールアドレス:websales@est.co.jp

お問い合わせフォーム:http://www.est.co.jp/Contact/All

以上