2015年04月21日

英単語ターゲット1900 5訂版

Windowsストアアプリで受験対策!

 イースト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:下川和男)は、マイクロソフト社が運営するWindowsストアにおいて、 「英単語ターゲット1900 5訂版」を発売しました。「英熟語ターゲット1000 4訂版」も近日発売予定です。
※ Windowsタブレットを活用している高等学校での採用も予定されています。

【ダウンロード】※無料の1日体験版があります。
http://apps.microsoft.com/windows/app/1900-5/41e4643f-bc61-49b6-9db1-294c4ef5b359

 株式会社 旺文社刊行のターゲットシリーズの代表格『英単語ターゲット1900[5訂版]』をベースに効率よく英単語を学べるWindowsアプリです。センター試験から国公立2次試験・難関私大レベルの英単語をカバーしています。大学入試に「出る順」で効率よく暗記し、問題を解いて実力を確かめることができます。
 

 TARGET1900
 
 Target1900
 
 Target1900
 
 Target1900
 

■商品概要

『英単語ターゲット1900 5訂版』
 http://apps.microsoft.com/windows/app/1900-5/41e4643f-bc61-49b6-9db1-294c4ef5b359
 価格:1,100円(税込)※無料の1日体験版があります。
 発売日:2015年4月9日

■機能概要

基本機能は「単語帳」・「選択問題」・「筆記問題」の3種類です。

「単語帳」
 単語の意味・スペルの確認や暗記をするための機能です。大学入試に「出る順」で単語・意味・例文が確認でき、フィルター機能で暗記したい箇所を隠せるので学習に最適です。

リスニング:「単語」「意味」「例文」の音声を聞くことができ、注意すべき「発音」や「アクセント」を確認することもできます。
フィルター:書籍の使い心地そのままに、赤セルシートで重要部分を隠して学習することができます。
チェックマーク:暗記したい単語にチェックマークをつけて保存することができます。

「選択問題」
 3種類の解答方法で英語力の向上をはかることができます。
  1)英単語のスペルを見て、日本語の意味を解答 (→ 読解力強化)
  2)日本語の意味を見て、英単語のスペルを解答 (→ 英作文力強化)
  3)英単語の音声を聞いて、日本語の意味を解答 (→ リスニング力強化)

「筆記問題」
 手書き文字認識機能で、例文中の単語のスペルが正しく書けるかを確認します。
 ほとんどの例文を大学入試問題から採用しているので、熟語や構文読解の力もつけることができます。


本プレスリリースに記載された会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。


会社概要

イースト株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-8

WEBサイト:http://www.est.co.jp

1985年に東京渋谷区に設立されたソフトウェア開発会社。Windowsベースのソリューション、サーバーソリューションで多くの実績があります。近年は、iOSやGoogle Androidを含む最新のクライアント技術やHTML5にまで力を入れ、クライアントとサーバーとの相互作用を必要とする高度なソリューションを開発しています。2010年度、総務省の電子出版環境整備事業において、EPUB日本語拡張仕様策定を受託し、縦書き等日本独自の仕様の標準化、普及に尽力しました。

お問合せ先

イースト株式会社 教育コンテンツ事業部

メールアドレス:info@est.co.jp

お問い合わせフォーム:http://www.est.co.jp/Contact/All