2015年10月13日

クラスメイト・スタディ

授業中の小テストにも宿題にも!WindowsタブレットとMicrosoft Asureを活用した問題集/テスト・ソリューション「クラスメイト・スタディ」を公開

 イースト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:下川和男)は、WindowsタブレットとMicrosoft Azureを活用した学校向けICTソリューションの新製品「クラスメイト・スタディ」の製品紹介サイト(http://study.classmate.jp/)を公開するとともに、教育機関による体験版使用の受付を開始しました。

クラスメイト・スタディの概要

クラスメイト・スタディは、①データベースから問題を選択し小テストを作成 ②Windowsタブレットで解答 ③自動採点~学習記録へ保存 ④学習記録で生徒の理解度を確認というサイクルを網羅します。授業中の小テストでは、教師はその場で自動採点の結果を参照できるので、正答率の低い問題を重点的に解説することができます。また小テストは宿題用に出題することも可能です。

学習記録には、小テストの採点結果に加えて、学習アプリ*の利用履歴も反映されるため、教師は一元化した学習記録から各生徒の理解度と学習進度を把握することができます。

 *「山川日本史一問一答問題集」「英単語ターゲット1900」等のアプリ。

Excelによる問題作成、標準規格の活用

今後は、教科書・教材出版社の問題データを数多く品揃えする一方、教師自身がExcelで作成した問題もクラスメイト・スタディに追加できるよう強化を図ります。また、他の教育ICTサービスに対するサブシステム提供やシステム間連携を考慮し、クラスメイト・スタディはQTI(Question & Test Interoperability)やxAPI(Experience API / TinCAN API)といった標準規格の活用にも力を入れています。

日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント

日本マイクロソフト株式会社は、イースト様による「クラスメイト・スタディ」の発表を歓迎いたします。イースト様は、当社のゴールドパートナーとしての数多くの開発実績や、辞書に始まる出版物のデジタル化推進、電子書籍分野における国際標準の普及促進、そしてWindowsタブレットを採用した自治体や学校への辞書アプリ導入実績がございます。「クラスメイト・スタディ」はこのような実績を持つイースト様にふさわしい新製品であり、今後大きな成長が予想される教育ICT市場において、タブレットやクラウドの有効活用を後押しするソリューションとなることを期待しています。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 パブリックセクター統括本部 文教本部長
小野田 哲也

会社概要

イースト株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-8

WEBサイト:http://www.est.co.jp

1985年に東京渋谷区に設立されたソフトウェア開発会社。Windowsベースのソリューション、サーバーソリューションで多くの実績があります。近年は、iOSやGoogle Androidを含む最新のクライアント技術やHTML5にまで力を入れ、クライアントとサーバーとの相互作用を必要とする高度なソリューションを開発しています。2010年度、総務省の電子出版環境整備事業において、EPUB日本語拡張仕様策定を受託し、縦書き等日本独自の仕様の標準化、普及に尽力しました。

お問合せ先

イースト株式会社 教育コンテンツ事業部

メールアドレス:cms-support@est.co.jp

お問い合わせフォーム:http://www.est.co.jp/Contact/All