2017年08月09日

DO-IT Japan夏季プログラムでWordTalkerを体験!



掲載記事

http://ict-enews.net/2017/08/14microsoft-3/
http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/09/DO-IT_Japan/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1074972.html

2017年8月8日(火),学習障がいの一種であるディスレクシアなどの障がいを持つ方々の進学や就学をIT技術で支援する「DO-IT Japan」夏季プログラムが,日本マイクロソフト本社にて開催されました。イーストは,読むことに困難がある方のための音声読み上げWordアドオン「WordTalker」を提供し,DO-ITに参加した子供たちに体験してもらいました。

また,Windows 10のアクセシビリティ機能に加え,Windows 10 Fall Creators Updateに含まれる「UDデジタル教科書体」フォント,東京大学先端科学技術研究センターの「AccessReading」,「WordTalker」によって,ハンディキャップのある方たちに対する「三位一体の支援環境がそろった」と紹介されました。

当日は,スカラーとよばれるDO-IT Japan 2017に選抜された子供たちが実際に,ICT機器の使い方をハンズオン形式で学習。WordTalkerについても,サンプルファイルを自分向けにカスタマイズして使用してもらい,以下のような声をいただきました。

  • 日本語と英語の読み上げをそれぞれ違うスピードに設定できるのでとても理解しやすかった
  • 背景やハイライトの色を変更して,自分の見やすい色の組み合わせを見つけることができた
  • 英語の読み上げが役に立つ
  • 文字間や行間も自由に設定できるので見やすい
  • テスト問題で傍線や空欄の読みをルビで設定できるので便利

DO-IT Japanとは

DO-IT (Diversity, Opportunities, Internetworking and Technology)Japanは、東京大学先端科学技術研究センターが主催するプログラムで,障害や病気のある小中高校生・大学生の高等教育への進学とその後の就労への移行支援を通じ,将来の社会のリーダーとなる人材を育成するため,「テクノロジーの活用」を中心的なテーマに据え,「セルフ・アドボカシー」,「障害の理解」,「自立と自己決定」などのテーマに関わる活動を行っています。

詳しくはこちら https://doit-japan.org/

AccessReadingとは

障害により読むことに困難のある児童生徒に向けた教科書・教材の電子データや,同じく読むことに障害のある人々に向けた書籍データを提供するオンライン図書館です。東京大学先端科学技術研究センター内の大学図書室および人間支援工学分野が共同で運営しています。

詳しくはこちら https://accessreading.org/

WordTalkerとは

WordTalker は,Word 文書を読み上げることで,文字を読むことに不自由がある方の理解を手助けすることができるアドオンです。使い慣れたMicrosoft Word だから,安心して手軽にご利用いただけます。

詳しくはこちら http://www.est.co.jp/epub/word

お問合せ先


メールアドレス:ebook-sales@est.co.jp

お問い合わせフォーム:https://www.est.co.jp/epub/Contact