使い方

WordTalkerの使い方を説明するオンラインヘルプです。「よくある質問」とあわせてご利用ください(本製品はメールや電話によるサポートを行っておりません)。

目次

 1.インストール方法
 2.リボン
 3.読み上げ設定
 4.読み方登録ダイアログ
 5.本棚
 6.コメント/ブックマーク
 7.読み替え文字対応表
 8.マクロとショートカットキー


1.インストール方法


WordTalkerのインストール

 1.こちら から「お試し版」をダウンロードしてください。お試し版がインストーラーになります。
 2.お試し版はZip形式で圧縮されたファイルです。ダブルクリックして解凍して下さい。
 3.解凍したら、実行プログラム(.exeファイル)をダブルクリックして、インストーラーを起動します。
 4.利用規約に同意し、画面の案内に従って、インストール作業を完了してください。
 5.Wordを起動すると、30日間無料ですべての機能をお試しいただけます。

製品版の購入

 1.継続してご利用いただく場合は、「シリアルコード」を購入してください。
 2.シリアルコードをWordTalkerに登録すると、製品版にアップグレードされます。


2.リボン


外観

「読み上げ」リボンの左横にある矢印によって、簡易モードと詳細モードを切り替えます。

簡易モード リボン簡易モード
詳細モード リボン詳細モード

機能説明

リボン
グループ
コントロール名称 コントロール種別 詳細モード 簡易モード 概要
(なし) リボンモード切り替えボタン ボタン
リボンの表示モード(簡易モード/詳細モード)を切り替えます。
本棚
本棚ボタン
ボタン
本棚ペインの表示/非表示を切り替えます。
読み上げ
再生ボタン
ボタン
読み上げを開始します。(ショートカットキー:Alt+Right)
停止ボタン
ボタン
読み上げを停止します。(ショートカットキー:Alt+Left)
センテンスを読むボタン
ボタン
カーソル位置の文を読み上げます
前のセンテンスを読むボタン
ボタン
一つ前の文を読み上げます。(ショートカットキー:Alt+Up)
次のセンテンスを読むボタン
ボタン
一つ次の文を読み上げます。(ショートカットキー:Alt+Down)
選択範囲を読むボタン
ボタン
選択範囲を読み上げます。
ハイライト設定ボタン
ボタン
ハイライト設定ダイアログを表示します。
設定
音声選択プルダウン
プルダウン

現在選択されている音声を表示します。プルダウンにより読み上げに使用する音声を切り替えることができます。

音声1:読み上げ音声を音声1に切り替えます。

音声2:読み上げ音声を音声2に切り替えます。

読み上げ設定:読み上げ設定ダイアログを表示します。
音量を小さくボタン
ボタン
現在の音声の読み上げ音量を1段階小さくします。
音量を大きくボタン
ボタン
現在の音声の読み上げ音量を1段階大きくします。
読み上げ音量プルダウン
プルダウン
現在の音声の読み上げ音量を変更します。
少し遅くボタン
ボタン
現在の音声の読み上げ速度を1段階遅くします。
少し早くボタン
ボタン
現在の音声の読み上げ速度を1段階早くします。
読み上げ速度プルダウン
プルダウン
現在の音声の読み上げ速度を変更します。
空白の読み上げトグルボタン
トグルボタン
読み上げ設定「空白の読み上げ」のOn/Offを切り替えます。
括弧の読み上げトグルボタン
トグルボタン
読み上げ設定「括弧の読み上げ」のOn/Offを切り替えます。
ルビの読み上げトグルボタン
トグルボタン
読み上げ設定「ルビの読み上げ」のOn/Offを切り替えます。
アルファベット読みトグルボタン
トグルボタン
読み上げ設定「アルファベット読み」のOn/Offを切り替えます。
辞書を利用するトグルボタン

トグルボタン

+メニュー

読み上げ設定「辞書を使用して読み上げる」のOn/Offを切り替えます。プルダウンにて下記のメニューを表示します。

読み方登録:読み方登録ダイアログを表示します。
(英)音声選択プルダウン
プルダウン

英文の読み上げに使用する音声を表示します。プルダウンにより読み上げに使用する音声を切り替えることができます。

英音声なし:英文の読み上げに英語TTSを使用しません。

英音声1:英文の読み上げ音声を英音声1に切り替えます。

英音声2: 英文の読み上げ音声を英音声2に切り替えます。

読み上げ設定:英文の読み上げ設定ダイアログを表示します。
(英)音量を小さくボタン
ボタン
現在の英音声の読み上げ音量を1段階小さくします。
(英)音量を大きくボタン
ボタン
現在の英音声の読み上げ音量を1段階大きくします。
(英)読み上げ音量プルダウン
プルダウン
現在の英音声の読み上げ音量を変更します。
(英)少し遅くボタン
ボタン
現在の英音声の読み上げ速度を1段階遅くします。
(英)少し早くボタン
ボタン
現在の英音声の読み上げ速度を1段階早くします。
(英)読み上げ速度プルダウン
プルダウン
現在の英音声の読み上げ速度を変更します。
読み上げ設定ランチャーボタン
ランチャー
読み上げ設定ダイアログを表示します。
編集 コメント/ブックマークボタン
ボタン
コメント/ブックマークペインの表示/非表示を切り替えます。
コメントを挿入ボタン
ボタン
カーソル位置(または選択範囲)にコメントを挿入します。
ブックマーク登録ボタン
ボタン
カーソル位置(または選択範囲)をブックマークに登録します。
文字間を広くボタン
ボタン
文字間を少し広げます。
文字間を狭くボタン
ボタン
文字間を少し縮めます。
行間を広くボタン
ボタン
行間を少し広げます。
行間を狭くボタン
ボタン
行間を少し縮めます。
罫線を表示ボタン
ボタン
罫線の表示/非表示を切り替えます。
ルビをふるボタン
ボタン
カーソル位置の単語にルビをふります。
自動でルビをふるボタン

ボタン

+メニュー

文書内の漢字に自動でルビをふります。プルダウンにて下記のメニューを表示します。

読み方登録:読み方登録ダイアログを表示します。
全てのルビを隠すボタン
ボタン
文書内のルビの表示/非表示を切り替えます。
文書の背景色プルダウン
プルダウン
文書の背景色を変更します。
文書の文字色プルダウン
プルダウン
文書の文字色を変更します。
文書の復元ボタン
ボタン
文書を変更前の状態に復元します。
その他
ヘルプ
ブラウザを起動してヘルプページを表示します。
バージョン情報
バージョン情報を表示します。
試用期間の場合、シリアルコード登録画面として表示します。

3.読み上げ設定


読み上げ設定ダイアログ

このダイアログではドキュメントの読み上げ方を設定します。

音声設定(音声1、音声2)

読み上げ設定ダイアログの画像
Text-to-Speech 読み上げに使用するText-to-Speechエンジン(以下、TTS)を設定します。OSにインストールされている日本語のTTSが選択できます。
音量 この音声の読み上げ音量(0~100)を変更します。
読む速さ この音声の読み上げのスピード(10~-10)を変更します。

読み上げ間のポーズ

連続再生時、読み上げ間にインターバルを設けるようにします。設定値の単位は秒です。

読み替えオプション

空白を読み上げる 文中の空白や句読点を読み上げるようにします。
括弧をできるだけ読み上げる 文中の括弧をできるだけ読み上げるようにします。
ルビを読み上げる 漢字にふられたルビを読み上げるようにします。
英単語をアルファベット読みする 文中の英単語をアルファベット読みするようにします。
辞書を利用して読み上げる ユーザー辞書で登録された読み上げ方で読み上げるようにします。
英文を英語TTSで読み上げる ドキュメント内の英文を英語のText-to-Speehエンジンを使用して読み上げるようにします。

サンプル再生

現在の設定でサンプルの文章を読み上げます。

英文の読み上げ設定ダイアログ

このダイアログではドキュメント内の英文の読み上げ方を設定します。英文をこのダイアログで設定した内容で読み上げさせるためには、読み上げ設定ダイアログの「英文を英語TTSで読み上げる」をOnにする必要があります。読み上げ対象のテキストが全て1バイト文字である場合に英文と判断します。


音声設定(英音声1、英音声2)

英文の読み上げ設定ダイアログの画像
Text-to-Speech 英文の読み上げに使用するText-to-Speechエンジン(以下、TTS)を設定します。OSにインストールされている英語のTTSが選択できます。
音量 この音声の読み上げ音量(0~100)を変更します。
読む速さ この音声の読み上げのスピード(10~-10)を変更します。

単語間のポーズ

英文の単語間にインターバルを設けるようにします。設定値の単位は秒です。

読み替えオプション

括弧をできるだけ読み上げる 文中の括弧をできるだけ読み上げるようにします。

サンプル再生

現在の設定でサンプルの文章を読み上げます。

4.読み方登録ダイアログ


このダイアログではユーザー辞書の登録内容を編集することができます。ユーザー辞書は、読み上げ時の読み替えや自動でルビをふる機能で使われます。読み替えは読み上げ設定ダイアログの「辞書を利用して読み上げる」をOnにしているときに行われます。


ユーザー辞書の利用

読み方登録ダイアログ WordTalkerでは形態素解析エンジンMeCabを使用して文章を解析しています。「自動でルビをふる」機能の場合、組み込みのIPA辞書+ユーザー辞書を使用して、辞書に登録された言葉を探し、見つかった言葉に登録されている「読み(IPA辞書)」または「ルビ(ユーザー辞書)」をふります。「辞書を利用して読み上げる」機能の場合では、ユーザー辞書のみを使用し、見つかった言葉を「読み替え」で登録されている言葉に読み替えます。

辞書項目の追加

新規に辞書項目を追加するには項目を追加ボタン を押下します。

辞書項目の削除

削除したい項目をリストから選択した状態で、選択を解除ボタンを押下します。

辞書項目の絞り込み

キーワードでリストの辞書項目を絞り込み表示できます。絞り込みをするには、検索窓にキーワードを入力し、検索窓にフォーカスをあてたままEnterキーを押下します。リストの絞り込みを解除するには、キーワードを空にしてEnterキーを押下してください。絞り込みではキーワードが登録名/表層形/ルビ/読み上げのいずれかに部分一致するものを検索します。

辞書項目の取り込み

辞書項目をCSVファイルから取り込んで登録します。詳細については「辞書項目の取り込み」セクションで説明します。

辞書項目の編集

辞書項目の登録内容を編集します。OKボタンの押下で新規登録または編集を確定します。

登録内容の説明

辞書項目の編集のダイアログ
登録名 この辞書項目の登録名です。自由に入力できます。
表層形 辞書を使用してルビをふったり読み替えたりするとき、ここに入力した値に一致する言葉をその対象とします。
ルビ 自動でルビをふるとき、表層形に一致する言葉に対してここに入力したルビをふります。通常はひらがな、カタカナを入力します。
読み替え 辞書を使って読み上げるとき、表層形に一致する言葉をここに入力した言葉に置き換えて読み上げます。
品詞 表層形に入力した言葉をどのような形態の言葉として登録するかを選択します。通常は「名詞 一般」で登録すればOKです。品詞はIPA品詞体系に基づいています。
備考 この辞書項目の備考です。自由に入力できます。


辞書項目の取り込み

ユーザー辞書の辞書項目をCSVファイルから取り込んで登録します。HTTPプロトコルでアクセスできる場所にあるファイルを取り込むことができます。

辞書項目の取り込みのダイアログ

取り込み可能なフィールド構造

次のフィールド構造で作成されているCSVファイルを取り込むことができます。ファイルの1行目はヘッダ行として扱います。
フィールド列 フィールド名 フィールド名
1 登録名 必須
2 表層形 必須
3 ルビ いずれか必須
4 読み替え
5 品詞 任意
6 品詞細分類1 任意
7 品詞細分類2 任意
8 品詞細分類3 任意
9 備考 任意

5.本棚


お気に入り

お気に入り登録しているドキュメントをリスト表示します。リスト項目のクリックでドキュメントを開くことができます。

お気に入り登録

お気に入り登録ボタン お気に入りアイコンの押下により、現在のウィンドウで開いているドキュメントをお気に入りに登録します。

お気に入り登録の解除

項目の右端に表示されている をクリックすることで、お気に入り登録を解除することができます。

コンテキストメニュー

項目の右クリックメニューにより、次のアクションを実行することができます。
開く このドキュメントを現在のウィンドウで開きます。
新しいウィンドウで開く このドキュメントを新しいウィンドウで開きます。
コピーを開く このドキュメントをコピーとして開きます。
パスをクリップボードにコピー このドキュメントの完全パスをクリップボードにコピーします。
削除 このドキュメントのお気に入り登録を解除します。


最近使った文書

最近使った文書のダイアログ 最近使った文書をリスト表示します。ドキュメントをピン留めすることで他のものより優先して表示することができます。リスト項目のクリックでドキュメントを開くことができます。

ピン留め/ピン留めの解除

項目の右端に表示されているピン留めのアイコン をクリックすることで、ドキュメントをピン留めすることができます。ピン留めのアイコン をクリックするとピン留めを解除します。

お気に入り登録/お気に入り登録の解除

項目の右端に表示されているお気に入りアイコン をクリックすることで、ドキュメントをお気に入りに登録することができます。お気に入りアイコン をクリックするとお気に入り登録を解除します。

コンテキストメニュー

項目の右クリックメニューにより、次のアクションを実行することができます。
開く このドキュメントを現在のウィンドウで開きます。
新しいウィンドウで開く このドキュメントを新しいウィンドウで開きます。
コピーを開く このドキュメントをコピーとして開きます。
パスをクリップボードにコピー このドキュメントの完全パスをクリップボードにコピーします。
一覧に固定 このドキュメントをピン留めします。
一覧への固定を解除 このドキュメントのピン留めを解除します。
一覧から削除 このドキュメントを最近使った文書の登録リストから削除します。
固定されていない文書をクリア ピン留めされていないドキュメントを全て最近使った文書の登録リストから削除します。


DropBox

DropBoxにアクセスしてWordドキュメントをダウンロードすることができます。

画面の説明

DropBoxのダイアログ
1 ユーザー名 ログイン中のユーザーアカウントの名前を表示します。
2 パス 表示中のフォルダのパスです。
3 上の階層へ 一つ上のフォルダに移動します。
4 リフレッシュ フォルダの内容を再読み込みします。
5 リスト DropBox上に作成されているファイルとサブフォルダをリスト表示します。ファイルは拡張子がdocまたはdocxのものだけを表示します。フォルダのダブルクリックにより表示中のフォルダを移動します。ファイルをダブルクリックした場合は、DropBoxからファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルはお気に入りに登録されます。


AccessReading

AccessReadingにアクセスしてWordドキュメントをダウンロードすることができます。

画面の説明(書籍検索)

AccessReading(書籍検索)のダイアログ
1 検索対象 検索の対象とする書籍の種類を指定します。
書籍全体 全ての書籍を対象とします。
教科書 教科書だけを対象とします。学年を指定した場合は、より表示対象を絞り込むことが できます。
2 検索キーワード 入力したキーワードで表示対象を絞り込みます。対象の書籍を全て表示したい場合は空のまま検索ボタンを押下してください。
3 ページング ページング機能を提供します。書籍が10件を超えて該当する場合にページングします。
4 書籍リスト ログイン中のユーザーが閲覧できる書籍を表示します。1と2により絞り込みが可能です。タイトルのクリックで書籍詳細画面(次頁)に遷移します。


画面の説明(書籍詳細)

AccessReading(書籍詳細)のダイアログ
1 書誌情報 書籍の書誌情報です。
2 ドキュメントリスト この書籍のダウンロード可能なWordドキュメントを表示します。ダウンロードボタンの押下により対象ファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルはお気に入りに登録されます。
























6.コメント/ブックマーク


コメント

コメントのダイアログ ドキュメント内のコメントをリスト表示します。ダブルクリックによりコメント位置にスクロール移動してコメントを開きます。

ブックマーク

ブックマークのダイアログ ドキュメント内のブックマークをリスト表示します。ダブルクリックによりブックマーク位置にスクロール移動します。





























7.読み替え文字対応表


WordTalkerでは一部の記号を既定の処理として読み替えます。それ以外は読み上げ設定によります。

英語TTSによる読み上げ

(英)音声選択プルダウンで「英音声1」または「英音声2」が選択されているときは、半角スペース/タブ/改行を区切りとした部分ごとにテキストを検査し、日本語文字が使われていないと判断した部分を選択された英語TTSで読み上げるようになります。WordTalkerでは次のコードポイントの文字を日本語文字として判定します。

Unicodeコードポイント Unicodeブロック名 備考
U+2E80 ~ U+2EFF
CJK Radicals Supplement
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+2F00 ~ U+2FDF
Kangxi Radicals
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3000 ~ U+303F
CJK Symbols and Punctuation
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3040 ~ U+309F
Hiragana
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+30A0 ~ U+30FF
Katakana
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3190 ~ U+319F
Kanbun
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+31C0 ~ U+31EF
CJK Strokes
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+31F0 ~ U+31FF
Katakana Phonetic Extensions
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3200 ~ U+32FF
Enclosed CJK Letters and Months
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3300 ~ U+33FF
CJK Compatibility
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+3400 ~ U+4DBF
CJK Unified Ideographs Extension A
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+4E00 ~ U+9FFF
CJK Unified Ideographs
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+D800 ~ U+DB7F
High Surrogates
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+DB80 ~ U+DBFF
High Private Use Surrogates
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+DC00 ~ U+DFFF
Low Surrogates
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+F900 ~ U+FAFF
CJK Compatibility Ideographs
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+FE30 ~ U+FE4F
CJK Compatibility Forms
Unicodeブロックに含まれる全ての文字が対象
U+FF61 ~ U+FF9F
Halfwidth and Fullwidth Forms
半角カナ文字のみ対象


記号の読み替え

WordTalkerでは既定で、次の文字を所定の単語に置き換えて読み上げます。単語の読み上げ方はTTSに依存します。

文字 Unicode文字番号
単語(日本語TTSの場合)
単語(英語TTSの場合)
U+25CB
※英語TTSでは、これらの文字の読み替えをしません。

U+25EF

U+25CF
黒丸
U+25CE
二重丸
U+25C7
菱型
U+25C6
黒菱型
U+25A1
四角
U+25BC
黒四角
U+25B3
三角
U+25B2
黒三角
U+25BD
逆三角
U+25BC
逆黒三角

U+FF06
and
and


空白の読み換え

読み上げ設定(日本語TTSのみ)の「空白を読み上げる」をOnにしている場合は、次の文字を所定の単語に置き換えて読み上げます。単語の読み上げ方はTTSに依存します。

文字 Unicode文字番号
単語
半角スペース U+0020
スペース
全角スペース U+3000
スペース
読点(、) U+3001
句点(。) U+3002


括弧の読み換え

読み上げ設定の「括弧をできるだけ読み上げる」をOnにしている場合は、次の文字を所定の単語に置き換えて読み上げます。単語の読み上げ方はTTSに依存します。

括弧
Unicode文字番号
単語(日本語TTSの場合)
単語(英語TTSの場合)
( U+0028
括弧始まり parenthesis
[ U+005B
{ U+007B
U+FF08
U+FF3B
U+FF5B
U+300C
※これらの文字は日本語TTSでの読み上げとなります。
U+300E
U+3010
U+3014
U+3008
U+300A
)
U+0029
括弧閉じ
parenthesis close
]
U+005D
}
U+007D

U+FF09

U+FF3D

U+FF5D

U+300D
※これらの文字は日本語TTSでの読み上げとなります。

U+300F

U+3011

U+3015

U+3009

U+300B

8.マクロとショートカットキー


読み上げ機能の一部はマクロでも提供しています。一部のマクロにはインストール時にショートカットキーが割り当てられます。ショートカットキーの割り当てはWordのユーザー設定で変更可能です。

名前 ショートカットキー
WordTalker_読み上げ再生 Alt+Right
WordTalker_読み上げ停止 Alt+Left
WordTalker_1センテンス読み上げ なし
WordTalker_前センテンス読み上げ Alt+Up
WordTalker_次センテンス読み上げ Alt+Down