よくあるお問い合わせ


環境

  • 対応しているOSは?

    Windows 7 / Vista / XP / 2000 です。
  • 動作確認済みのOSは?

    Windows 10 / 8.1 / 8 です。
  • 対応している日本語入力ソフトは?

    MS-IMEとATOKです。
    • MS-IME:2012 / 2010 / 2007 / 2003 / 2002
    • ATOK:2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005
    なお、製品CD-ROM内に、MS-IME 2012用およびMS-IME 2010用の辞書ファイルは入っておりません(MS-IME 2012およびMS-IME 2010発表以前にプレスされたCD-ROMです)。
    お手数ですが、弊社ウェブサイト「外字製品アップデータ(辞書)」ページからMS-IME 2012用またはMS-IME 2010用の辞書をダウンロードしてご利用ください。
    (ダウンロード後の設定方法は、ダウンロードファイル解凍後に表示される[Readme]テキストファイルをご参照ください)
    ATOK(2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008)では、ATOK2007用の辞書がご利用いただけます。
  • Macで使えますか?

    いいえ。使えません。
    Windows専用ソフトです。Macでビブロス外字を利用する場合は、「BiblosFont」のサイトをご覧ください。
  • Macで使っていた「ビブロス外字」をそのままWindowsで使えますか?

    はい。使えます。
    ただし、MacからどのWindowsフォントに変換されるかは特定できません。Windowsで表示できない場合、Windows上で記号外字をリンクしたフォントに変更する、または変換されたWindowsのフォントに記号外字をリンクする必要があります。
  • 旧製品の対応OSは?

    記号外字1800
    バージョン
    Windows XP Windows Vista Windows 7 Windows 8/8.1 Windows 10
    V2   ◎   ×   ×   ×   ×

    ◎----対応OS
    ○----動作確認済み
    ×----対応外OS

購入

  • パッケージ製品(CD-ROM)はどこで買えますか?

    一般流通でお求めいただけます。
    お近くのパソコンショップや電気店など、パソコンソフト取扱店へご注文ください。なお、すでに弊社製品をご利用でユーザ登録されているユーザ様限定の優待販売もありますのでご利用ください。
  • 複数台で使う場合は?

    ライセンスをお求めください。
    パソコン1台につき1ライセンスが必要です。パッケージ製品(CD-ROM)には1ライセンス含まれていますので、使用合計台数から「1」引いた数のユーザライセンス(使用許諾証書)をお求めください。
    ライセンスには以下の区切りがあります。
    「1User/5User/20User/100User」
    • ライセンスは使用許諾証書のみでCD-ROMはありません。
    • 必ずパッケージ製品を1つお求めください。

入力

  • 「記号外字1800V2.5」はどのように使うのですか?

    各フォントにリンクして使います。
    外字のみ収録されているフォントファイルです。「MS 明朝」「MS ゴシック」など標準文字(ひらがなや通常に変換できる漢字)を持つフォントにリンクして使用します。
    設定後は、文字を入力するアプリケーションのフォント選択欄で外字ファイルをリンクしたフォントを選択します。リンクの設定は製品収録の[記号外字設定ツール]で行います。
  • 確定した文字が「・」で表示されるのは?

    記号外字をリンクしたフォントを選択してください。
    アプリケーションの書体選択欄で記号外字がリンクしてあるフォントを選択し入力してください。リンクの確認は製品収録の[記号外字設定ツール]で行えます。
  • 確定した文字が「?」で表示されるのは?

    [Unicode]に対応したアプリケーションで入力してください。
    入力している文字が[Unicode]の情報しか持たない文字のようです。アプリケーションが[Unicode]に対応していないと「?」で表示されます。
    記号外字収録の外字は[シフトJIS]と[Unicode]の両方の情報を持っているので「?」で表示されることはありません。
  • [WinXP]Office XP/2003で韓国語フォントに文字化けするのは?

    韓国語フォントを削除してください。
    Office XP・Office 2003 製品で外字を入力すると、弊社製品に限らず、外字が自動的に韓国語フォントに文字化けする現象が確認されています。この現象はMicrosoft Office の仕様のようです。

    【Microsoft社サポートページ】
    [OFFXP]NewGulimフォントがインストールされていると外字が使用できない

    [Windows]フォルダ→[fonts]フォルダの中にある韓国語フォント(書体名:New Gulim/ファイル名:NGULIM.TTF)を削除してください。
  • [WinVista]Office2007で外字が中国語フォントに文字化けするのは?

    [RenChinaFont.exe]ツールで外字を表示する設定を行ってください。
    Office製品で外字を入力すると、弊社製品に限らず、外字が中国語フォントに置き換えられる現象が確認されています。

    【Microsoft社サポートページ】
    「Windows Vista 上の 2007 Office プログラムまたは Office 2003 プログラムで拡張文字が中国語フォント MingLiU_HKSCS の文字に置き換えられる」
    文書番号: 930276 - 最終更新日: 2010年3月26日 - リビジョン: 10.0

    • Windows Vista 上で、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 をインストールすると中国語フォントへ置き換わる現象が回避されるようになりました。
    • 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 を適用しない場合やOffice2003 をご利用の場合、製品収録のツールで回避してください。
    • Windows 7 上でも同様です。

    【中国語フォントリネームツールの使い方】
    製品収録の[RenChinaFont.exe]-[製品外字を使用する]をクリックし、パソコンを再起動してください。
    これは上記URLにある[回避策:方法1(システム管理者)]を自動的に設定するツールで、1度設定すると、設定を戻さない限り外字が表示されます。
  • [Win7/8/8.1/10]Word2013の『縦書き』で外字が空白、または□になります。

    Word2013の『縦書き』表記では、記号外字に限らず、個別のフォントにリンクした外字が表示されないようです。

    * 念のため、メモ帳やワードパッドなどでは外字が入力できることをご確認の上、下記をお試しください。

    ■<すべてのフォント>に編集用外字をリンクする

    外字を使用したいアプリケーションを終了させた後に、製品収録の[記号外字設定ツール]を起動し、「<すべてのフォント>」に編集用外字をリンクしてください。

    その後、アプリケーションを起動し、外字が表示されるかお試しください。

    * 縦書きの外字は、「<すべてのフォント>」にリンクした書体でのみ入力が可能となります。

    他の書体で入力したい場合は、お手数ですが、「<すべてのフォント>」に外字をリンクし直してください。

    上記手順で表示されない場合は、下記「■Microsoft社の更新プログラムを適用する」をお試しください。

    ■Microsoft社の更新プログラムを適用する

    上記をお試しいただいても外字が表示されない場合、Word2013の『縦書き』で外字が全般的に表示されない状態かと思われます。

    他のアプリケーションなどでは外字が表示できることから、Word2013の問題と思われます。

    【Microsoft Communityページ】によるとMicrosoft社のホームページより提供されている更新プログラム「KB2670838」を適用すると問題が回避されたという報告があります。(Windows 7)

    【Microsoft Communityページ】
    「Office2013+Windows7の環境で外字が口になる」

    しかし、「KB2670838」を適用することで一部のパソコンに不具合が生じること、および、その回避方法が報告されています。(Windows 7)

    KB2670838 を適用後 Aero や IE や Windows Live メールがおかしくなります

    上記をご確認いただいた上で、更新プログラム「KB2670838」をインストールしてください。

    【Microsoft サポートページ】
    「KB2670838 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用プラットフォーム更新プログラムが利用可能です」
    (Windows 7 Service Pack 1 (SP1) および Windows Server 2008 R2 SP1 用の更新プログラムです)

  • [Win7]Office2013で外字が空白、または□になります。

    Windows7上のOffice2013で、外字が空白、または□になる場合、下記をお試しください。

    ■外字のリンクを確認する

    外字を使用したいアプリケーションを終了させた後に、製品収録の[記号外字設定ツール]を起動し、入力したい書体に外字がリンクされているかご確認ください。

    リンクされてない場合は、製品収録のマニュアルを参考にリンクを行ってください。

    上記手順で表示されない場合は、下記「■Microsoft社の更新プログラムを適用する」をお試しください。

    ■Microsoft社の更新プログラムを適用する

    上記で外字のリンクを確認しても表示されない場合、人名外字に限らず他の外字も表示されない状態かと思われます。

    * 念のため、メモ帳やワードパッドなどでは外字が入力できることをご確認ください。

    Office2013以外のアプリケーションでは、外字が入力できることからOffice2013の問題と考えられます。

    【Microsoft Communityページ】によるとMicrosoft社のホームページより提供されている更新プログラム「KB2670838」を適用すると問題が回避されたという報告があります。

    【Microsoft Communityページ】
    「Office2013+Windows7の環境で外字が口になる」

    しかし、「KB2670838」を適用することで一部のパソコンに不具合が生じること、および、その回避方法が報告されています。

    KB2670838 を適用後 Aero や IE や Windows Live メールがおかしくなります

    上記をご確認いただいた上で、更新プログラム「KB2670838」をインストールしてください。

    【Microsoft サポートページ】
    「KB2670838 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用プラットフォーム更新プログラムが利用可能です」
    (Windows 7 Service Pack 1 (SP1) および Windows Server 2008 R2 SP1 用の更新プログラムです)

外字辞書

  • 「記号外字辞書」とは?

    製品収録の外字を「読み入力」できるようにするツールです。
    お使いのMS-IME/ATOKのバージョンにあった辞書を設定すると、通常の文字と同じように、「読み」を入力すると変換候補に外字が表示されるようになります。
  • エラーが出て追加できないのは?

    バージョンを確認してください。
    お使いのMS-IME/ATOKのバージョンを確認し、それに合った辞書を設定してください。
  • 追加しても変換候補の数が増えないのは?

    【ATOK】

    • 辞書を設定する[辞書セット]毎に変換キーが異なります。

        例

        [辞書セット5]または[オプション辞書セット]に設定した場合→[F5]キーで変換

    • 辞書セットによっては変換するキーが設定されていないので自分で設定する必要があります。

        例

        [辞書セット6~0]→[キーカスタマイズ]で設定したキー


    【共通】

    • プロパティで辞書を追加設定後、辞書ファイルの保存先や名前の変更などを行った場合は一度[削除]し、再度設定してください。
  • [MS-IME]変換候補が「・」で表示されるのは?

    バージョンとOSによって変換候補内を表示するフォントが異なります。
    記号外字設定ツールで該当するフォントに記号外字をリンクしてください。
    • Windows 7/Vista + MS-IME2010/MS-IME2007/Windows(7/Vista)標準MS-IME
      「MS UI Gothic」
    • Windows 8.1/8 + MS-IME2012
      「Meiryo UI」

編集

  • ユーザー作成外字と併用できますか?

    はい。可能です。
    「外字エディタ」で外字を作成する際に、特にファイル名を変更していない場合、[EUDC.TTE]というファイルに保存されます。このファイルは<標準の外字>に自動リンクされ、Windowsの全ての日本語フォントで入力できます。
    ただし、記号外字を個別にリンクしたフォントでは記号外字が優先的に表示されます。(Windowsの仕様で1つのフォントには1つの外字ファイルしかリンクできないためです)
    その場合、「MS 明朝」では記号外字、「MS P明朝」では作成外字というように、入力する外字により「フォント切替」することで併用できます。
    • 「<標準の外字>」に[EUDC.TTE]が設定されている場合、[(未設定)]となっているフォントでは作成外字が入力できます。
  • Windows標準「外字エディタ」で追加編集できますか?

    はい。編集用フォント[*.tte]なら可能です。
    製品には高品質フォント[*.ttg]と編集用フォント[*.tte]が収録されてます。
    編集前に[記号外字設定ツール]で編集用フォント[*.tte]をリンクし、Windows標準「外字エディタ」で編集をしてください。
    • 編集前に外字エディタの仕様を変更する必要があります。詳しくはマニュアルをご確認ください。
    なお、記号外字の編集用フォント[*.tte]に作成外字を登録し、1つの外字フォントファイルにまとめることで「フォント切替」をせずに併用できます。
  • 「外字エディタ」の[文字のコピー][参照]で文字が探せないのは?

    [Unicode]で表示されてます。
    [コードの選択]は[シフトJIS][Unicode]を選択できますが、[文字のコピー][参照]は[Unicode]で表示されます。
    探す文字の[Unicode]がわかっている場合は[コード]欄に直接入力してください。読みで変換できる文字や外字の場合は[形]欄に直接入力してください。
    記号外字収録の外字の場合は[コード]欄に[E000]と入力し、右側にあるスクロールバーで下にスクロールして探してください。
  • [Win XP/2000]「外字エディタ」が起動しないのは?

    「<標準の外字>」のリンクを解除してください。
    [記号外字設定ツール]で「<標準の外字>に高品質フォント[*.ttg]が設定されていると「外字エディタ」が起動しません。
    一旦解除し、編集終了後には再度設定してください。

Adobe 製品

  • Illustrator で使えますか?

    フォントにリンクした外字ファイルを使用できません。
    下記設定を行ってください。
    高品質フォント[*.ttg]をMicrosoft Windowsがインストールされている下の[フォント]フォルダへインストールし、パソコンを再起動してください。
    インストール後、Illustratorのフォント選択欄に以下のフォント名が表示されます。
    • 「FE記号明朝外字2」または「FEKGMIN2」
    • 「FE記号ゴシック外字2」または「FEKGGOT2」
    ただし、外字のみ収録されているフォントになります。
    標準文字(ひらがなや通常変換できる漢字)を入力する時は「MS 明朝」などを再選択してください。
  • PhotoShopで使えますか?

    弊社外字製品に限らず、外字領域のフォントの表示は保証外です。
    外字領域のフォントは文字化けが発生するなど、正常な表示ができないことがあります。他のアプリケーション(Illustratorなど)で入力した外字を、アウトライン化してコピーするなどの方法をおすすめします。

印刷

  • 外字が画面上では表示されるが印刷できないのは?

    プリンタの設定を確認してください。
    製品収録の外字フォントはWindows 標準のTrueTypeフォントです。プリンタの設定をTrue Typeフォントを出力するようにしてください。
    各プリンタによって設定方法は異なります。説明書やヘルプ、または発売元のメーカー様へお問合せください。

    【例】
    • 「True Type フォントを出力する」にチェックをつける
    • 「プリンタフォント置き換える」のチェックを外す