2020年01月21日

イースト、PDFソリューション「FLIP2PDF」新規取り扱い開始

イースト株式会社(東京都渋谷区代々木、代表取締役社長:熊野哲也)は、Datalogics Inc.(米国イリノイ州シカゴ、Adobeテクノロジー開発製品の主要な提供元)の開発した「FLIP2PDF」を、2020年1月より日本で提供開始することを発表しました。

FLIP2PDFは、WordやExcel等のOffice文書からPDFへ変換を行うための、ユーザー制御可能なサーバー用ツールです。FLIP2PDFは、シンプルに手動でドキュメントを変換することや、大量のドキュメント変換のための自動化されたワークフロープロセスに機能を統合するために利用することができます。
FLIP2PDFは、Microsoft Officeのインストールを必要とせず、Officeファイルから、PDF / A1-a 準拠のPDFが作成できます。

また、FLIP2PDFは、Adobe PDF Converterエンジンが組み込まれており、PostScriptファイルや画像ファイルからは、互換性が高く最適化されたエンタープライズレベル のPDFファイルに容易に変換できます。

FLIP2PDFの仕様

FLIP2PDFは、手軽にサーバー上から呼び出せるスクリプト可能なツールとして、または SaaS および OEMアプリケーションに最適なSDKとして、利用できます。

対応プラットフォーム
  • Windows 64ビットおよびLinux 64ビットのシステム
変換可能なファイル形式
  • Microsoft Officeファイル形式:Wordドキュメント(doc、docx)、Excelスプレッドシート(xls、xlsx)、PowerPointプレゼンテーション(ppt、pptx)
  • PostScript(PS)およびEncapsulated PostScript(EPS)
  • ラスター画像形式:JPEG、PNG、TIFF、BMP

活用例

●ホットフォルダーを活用した自動PDF変換サーバー
Windowsに搭載されたPowerShellというスクリプトエンジンを利用してPDF変換用のホットフォルダーを作ることができます。ホットフォルダーとは、そこに入れられたものをすべてスキャンしてPDF変換のアクションを実行するフォルダーです。これを用意するだけで文書の自動アーカイブ化のフローの一部とすることができます。

●ニーズに合わせた信頼性の高いPDFの作成
FLIP2PDFを使用すると、印刷、アーカイブ、長期保存のために信頼できるPDFを簡単に生成できます。PostScriptファイルを直接PDF/X に変換して、最新の印刷およびプリプレスワークフローの要件が満たせます。 またOfficeファイルを、PDF/A準拠のアクセス可能なタグ付きPDFファイルに変換でき、アーカイブ用および確実な再利用のために最適な品質のPDFファイルを生成できます。

製品情報

FLIP2PDF製品ページ
PDFソリューション製品一覧

※本リリースに記載された会社・製品・サービス等の名称は各社の登録商標または商標です。

お問合せ先

イースト株式会社 事業推進部

メールアドレス:pdfl-info@est.co.jp

お問い合わせフォーム:https://www.est.co.jp/pdf/Contact