• KanjiLink XKP

    外字を扱うシステムに必携の KanjiLink XKP!
    ◆Windows 10、Windows Server 2016/2019 動作確認済!

    ●外字処理の標準仕様に準拠した 拡張漢字処理ライブラリ
    ●外字制御ライブラリ/OCX/外字管理ツールをご提供

    ■バージョンアップのお知らせ
    ・Version2.2Vが Rev3 となりました。Windows 10、Windows Server 2019動作確認済み(2019.7.22)
    ・Version2.2Vが Rev2 となりました。Windows Server 2008動作確認済み(2010.10.18)
    ・Windows Vista対応のリビジョンアップ版、Version2.2Vを発売しました。
  • 概要
  • ターミナル対応版
  • 価格
  • 概要について

    XKPとは? KanjiLink
    KanjiLink XKP はXKP仕様に準拠した外字の管理方法により、WindowsNT上で最大21億もの外字を管理することを可能にします。ライブラリを通して登録された外字は、ライブラリを通して表示や印刷が行えます。登録される外字には、補助情報として読みや画数などを付加できるため、この情報を利用した検索も行えます。戸籍、名簿、顧客管理など、外字を大量に扱うシステム開発に最適です。
    Unicodeへ仮想的に割り付け
    登録された外字は、Unicode上のプライベート領域の文字コードとして最大6400文字まで仮想的に対応させることが出来ますので、外字を含む文字列をUnicode文字列として、簡単に取り扱うことが出来ます。
    OCXで簡単に外字を扱える
    ライブラリには、登録された外字を Microsoft VisualBasic等でより簡単に扱うためのOCXが含まれます。このOCXにより、登録された外字を含む文字列を特別意識すること無く、表示や印刷、エディットを行うことが出来ます。
  • 製品構成

    KanjiLink XKPは下記の内容で構成されています。
    開発キットは、アプリケーションを開発し実行するために必要です。
    実行時ライブラリは、開発キットを使って作成したアプリケーションを実行することだけできます。
    製品名概要
    開発キット外字制御ライブラリ
    外字制御ライブラリ用ヘッダーファイル
    外字制御ライブラリ用ライブラリファイル
    管理ツール
    OCX
    外字入力支援ライブラリ
    プログラマーズマニュアル
    管理ツール操作マニュアル
    サンプルプログラム
    実行時ライブラリ外字制御ライブラリ
    管理ツール
    OCX
    管理ツール操作マニュアル
  • 全体構成

    外字制御ライブラリ
    外字制御ライブラリ
    XKP仕様による外字管理機能を提供するコアとなるDLLライブラリです。このライブラリは登録されている外字情報をデータベースファイルとして維持します。提供するインタフェースには以下のものがあります。

       ・外字管理ファイルに対する外字情報の登録と取得
       ・補助情報を利用した外字の検索
       ・外字を含む文字列の表示と印刷

    ※ 印刷についてはFAQをご覧ください。
    管理ツール
    管理ツールは、外字制御ライブラリを利用して、ユーザーの準備した外字イメージを含んだTrueTypeフォントファイルを
    XKP仕様の外字管理下に登録するためのツールです。
    このツールを使って登録された外字は、外字制御ライブラリやOCXを通して扱うことが出来ます。
    OCX
    OCXは、VisualBasic上でXKPの管理下にある外字を扱うアプリケーション開発を容易にするために提供されます。VisualBasicの提供するコントロールに似たXKP仕様の外字を表示/編集できるコントロールとして以下のものが提供されます。

    ・エディットコントロール
    ・スタティックコントロール
    ・リストボックスコントロール
    ・コンボボックスコントロール
    外字の入力
    かな漢字変換を使ったXKP仕様の外字の入力には、XKP仕様に対応したものが必要になります。XKP仕様のかな漢字変換は、KanjiLink XKPのパッケージには含まれませんが、株式会社バックスのXKP対応のかな漢字変換としてVJE-Deltaという製品があります。開発キットには、XKP仕様の外字の読みや画数などの情報から検索してアプリケーションへ返すためのユーザインタフェースを提供するダイアログを表示するライブラリが付属しています。
    外字フォント
    KanjiLink XKPは、外字イメージを管理し表示/印刷するためのライブラリですので、外字イメージそのものを作成することは出来ません。外字イメージは KanjiLink XKPをご利用する前に準備して頂く必要があります。通常、これらのイメージはTrueTypeフォントファイルとして準備しておきます。

    弊社では、KanjiLink外字フォントセットとして、メーカー固有の外字フォントセットをあらかじめ準備しており、ご希望の外字を作成するサービスも行っております。
  • 動作環境

    KanjiLink XKP Ver2.2Vは、下記の環境にて動作確認済みとなっております(Rev.3以降)。
    最終更新日:2019年7月23日
    動作環境詳細
    動作確認済OSMicrosoft Windows 7
    Microsoft Windows Server 2008/2008 R2
    Microsoft Windows 8/8.1
    Microsoft Windows Server 2012/2012 R2
    Microsoft Windows 10
    Microsoft Windows Server 2016
    Microsoft Windows Server 2019
    ※上記「動作確認済OS」の64bit版OSについては、WOW64での動作を確認致しております。
    OCXのサポートする 開発ツールMicrosoft Visual Basic 4.0
    Microsoft Visual Basic 5.0
    Microsoft Visual Basic 6.0
    ※ Visual Basic .NET には対応しておりません。
  • ターミナルサービス対応版について

    KanjiLink XKP Version2.2V ターミナルサービス対応版
    KanjiLink XKP Version2.2Vが、各種ターミナルサービスに対応しました。
    XKPモジュールを対応版に更新して頂くことにより、KanjiLink XKPご利用中のシステムを、WindowsターミナルサービスおよびCitrix XenAppに対応させることができます。
    ターミナルサービス・XenApp環境で利用するメリット
    ・クライアント毎にKanjiLink XKPをインストールして、外字環境を構築する手間がかかりません。
    ・外字管理ファイルの同期を取る必要はなくなり、同一のものとすることができるので、更新作業などで一元管理が行え、
       管理コストを大幅に削減することができます。
    ・使用できるクライアントマシンの種類が増え、資源の有効利用が可能となります。
  • 動作環境

    KanjiLink XKP Version2.2V ターミナルサービス対応版は、以下の各ターミナルサービスに対応しています。
    ターミナルサービス詳細
    Windows・Microsoft Windows Server 2008 日本語版 - ターミナルサービス
    ・Microsoft Windows Server 2008 R2 日本語版 - ターミナルサービス
    XenApp・Citrix XenApp 5.0 for Windows Server 2008
    ・Citrix XenApp 6.0 for Windows Server 2008 R2
  • 価格(税別)

    実行時ライブラリ 開発キット
    マスターパッケージ 20,000円 200,000円
    クライアントライセンス 1ユーザ 17,000円 170,000円
    5ユーザ 80,000円 800,000円
    20ユーザ 300,000円 3,000,000円
    100ユーザ 1,400,000円      ―

    ・クライアントライセンスは、クライアントパソコン1台毎に必要となります。
    ・クライアントライセンスは、同一サイトでの使用本数分の使用許諾権の販売です。
    ・クライアントライセンスの本数は、1特定サイトでの、1回の発注ごとの本数です。
    ・SE作業、コンサルテーション作業、プログラミング作業にも、別途対応可能です。

X
Cookie を利用することで ウェブサイト上の体験が改善されます。
当社のウェブサイトを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。
確認