• Adobe PDF Libraryは、.NETやJava APIと接続できるC/C++ APIを含んだ低レベルのPDFライブラリーです。 システムインテグレーター、ISV、企業のIT開発者が開発する、クライアントやサーバ環境で動作するユーザー専用アプリケーションにおいて、PDFの作成、編集、統合、画像化等の様々なPDF関連機能の統合が可能になります。



  • 概要
  • よくある質問
  • PDF作成・編集・統合
    Adobe Acrobatを使わなくても、PDFの作成・編集・統合ができるプログラムを任意のアプリやサーバーシステムに組み込むことができます。

    ・PDF文書の新規作成
    ・ページ内の任意の場所にイメージやテキストを配置
    ・200インチ大、最大2GBまでのPDFを動的に作成
    ・テキスト、メタデータ、イメージ抽出
    など
  • 閲覧・印刷・注釈
    PDFの表示・描画機能を備えたカスタムビューワーの作成や、貴社アプリにPDF閲覧機能、注釈やテキスト・マークアップ機能を追加することが可能です。Adobe ReaderやAcrobatと同じ描画機能を使用しており、これらとの互換性も保持されています。

    ・既存のPDFに、コンテンツ追加・編集
    ・メモやハイライトの追加
    ・テキストの追加・取り消し線・削除
    ・ファイル添付、呼出しボックス追加、イメージ・線・形・スタンプの追加
    など
  • セキュリティ・互換性
    PDFの表示、プリント、編集の制限にパスワードを付与することができます。また、PDFファイルの外部配布用に電子透かしを入れることができます。

    Adobe PDF Libraryは、Adobe Acrobatの更新に対して互換性を継続的に保証します。 最新のPDF仕様との互換性を活かして、Adobe製品群との相互接続性や幅広いプラットフォームに対する一貫した信頼性の高いサポートを保証します。
  • Adobe PDF Libraryのメリット

    Adobe PDF Libraryは、複数のPDFを1つに集約し、メールで送信、検索、プリント、アーカイブしたり、連続するPDFの再フォーマットやレイアウト、再分割や、機密情報管理のために特定のページを削除することも可能です。
    また、複数のPDFからテキストだけを抜き取って新しいテキストファイルを作成したり、検索ワードを使ってインデックスを生成するなど、ユーザープログラムから機能を呼び出すことで様々な変換プロセスのカスタマイズなど、高度な要求にも応えることができます。

    ・Adobe純正ライブラリー製品
    ・PDF標準に対する互換性&バージョンアップを継続的に保証
    ・小中規模システムでも導入や運用が比較的手軽で、費用対効果を得やすい
    ・日本語によるサポート&テクニカル・コンサルティングを提供
    ・ユーザープログラムからAPI呼び出しにて変換プロセスの様々なカスタマイズが可能
  • Adobeコア技術
    Adobeテクノロジーに基づいたPDF標準に対する互換性を継続的に保証。ライブラリを利用して開発されたシステムは、最新版のAcrobat、Reader同様、各バージョンのPDFファイルをサポート。
  • .NET/Java環境対応
    Windows、Linux、Macなど、各種のプラットフォームに対応。開発は、C/C++に加え、C#/.NET環境、およびJava環境で利用可能。
  • 多数の導入実績
    金融、航空、出版、印刷業界など、各業界国内大手50社以上の採用実績!
    企業内の業務および基幹システムや販売製品の一部として利用されています。
  • その他の特徴

    安心の日本語サポート
    国内唯一の代理店であるイーストが販売し、日本語による技術サポートもご提供しますので、安全に業務を継続することが可能です。
    プラットフォーム
    ・Windows 32/64bit
    ・Mac 32/64bit
    ・Solaris Sparc / Intel 32/64bit
    ・AIX 32/64bit
    ・Linux 32/64bit
    リソース
    Datalogics社ブログ
    https://blogs.datalogics.com/
     
  • 導入事例

    導入される理由
    医療、金融、航空、出版、印刷業界など、国内50社以上の採用実績があるAdobe PDF Libraryは、社内や企業間における業務システムや基幹システムの一部として利用されています。たとえば、帳票処理向けシステムや、DTP原稿の確認や印刷データへの変換といったプリプレスのシステムにおける、PDFの生成・編集機能にPDF Libraryが利用されています。 また、採用企業の様々なアプリケーションやサービスに組み込まれ、PDF処理の基本機能を提供しています。
    株式会社モリサワ 様 『MC-Smart 3』
    これまでに培ったノウハウを余すことなく投入し、シンプルな操作性ながらも数式や自動組版などの高度な組版処理に対応できる組版ソフトウェアパッケージです。
    株式会社PFU 様 『PDF長期署名ライブラリ』
    長期署名の標準規格PAdESフォーマットの電子署名の生成/延長/検証機能を提供する開発者向けライブラリ。文書が改ざんされていないことの証明や、文書の有効性を保持することができ、長期署名機能をパッケージソフトやシステムに追加可能です。
    プラネットファーマソリューションズ株式会社 様 『PharmaDocシリーズ』
    製薬会社の承認申請文書等の作成において、製薬会社のご担当者のユーザー要件にもとづいて開発したサーバーシステムです。
    株式会社メタテクノ 様 『HotFax コンバーター / PDFCVT』
    Windows Server上で、PDFファイルからFAX送信用文書ファイルに変換する機能を提供。Adobe AcrobatやAdobe Readerなどを使用せずにPDFファイルから直接変換を行う為、瞬時にTIFFファイルを作成できるのが最大の特長です。
  • ライセンスと価格

    ライセンス
    Adobe PDF LibraryをはじめとするPDF SDKsおよびPDF Toolsは、ソフトウェア開発者にライセンス供与され、お客様の販売用アプリケーションへの組込(OEM)、あるいは自社内アプリケーション開発のためにご利用いただけます。
    技術サポートや通常の更新は、弊社のサポートおよび保守プログラムに則って提供されます。お客様は、ご自身のアプリケーションが最新のAdobe AcrobatやReaderさらには最新のPDF仕様に合致させることができ、これによって継続的に互換性を保証します。
    PDF SDKs価格
    エンドユーザーライセンス契約(社内用途)は、ライセンス費用および年間保守サポート費で構成されます。

    ■初年度 1,300,000円(税別)~ ※年間保守サポート費含む
    ■次年度以降 650,000円(税別)~ ※年間保守サポート費のみ

    また、PDF SDKsおよびPDF Toolsを組み込んだアプリケーションを販売する場合にはOEMライセンス契約が適用され、ライセンス費用および年間保守サポート費に加え、別途販売ロイヤリティが加算されます。
    クラウド環境でご利用の場合も、ご利用形態に応じてエンドユーザーライセンス契約、またはOEMライセンス契約が適用されます。詳しくはお問合せください。
  • 無料評価版のお申込み

Adobe PDF Libraryには、30日間使用可能な無料評価版がございます。ご利用希望の方は、お問合せフォームに必要事項を記入の上、製品名「Adobe PDF Library」を選択しお申込みください。ご入手方法をご案内いたします。
  • よくある質問

  • どんなときにAdobe PDF Libraryを使うのですか?
    Adobe PDF Libraryは、Acrobatと共通のコアを持つAPI形式で提供されるソフトウェアです。独立したアプリケーションから、PDFファイルを作成、編集したり、組み立てたり、印刷したりするような、PDFを扱う基本的な機能を組み込むためのものです。クライアントや、クライアントサーバ環境でのソリューション中に、PDFの機能を密接に関連させる必要がある場合にご利用ください。
    ただし、Adobe PDF Libraryはデジタル署名、注釈、またはプラグインなどの拡張Acrobatの機能性へのアクセスを提供しません。 これらの高度な機能が必要でしたら、代わりにAcrobatを使用してください。必要なソリューションに合わせてAcrobatまたはReader、LiveCycle ES などのAdobeアプリケーションをご利用ください。また、AcrobatまたはReaderのためにプラグインを開発するには、Acrobat SDKを使用してください。
  • どんな機能が提供されますか?

    PDFの機能のほとんどにアクセスできます。例えば以下のような機能です。
    ・生成
    ・編集
    ・ドキュメントの組み立て
    ・フォントの使用
    ・レイヤーの使用
    ・印刷関連機能
    ・最適化とリニアライズ
    ・コンテンツを抽出する

  • Adobe PDF Libraryは、どのようなユーザー向けの製品ですか?
    Adobe PDF Libraryは、システムやソフトウェアの開発を行うISV、OEM、SI、企業のIT部門や、そのパートナーにライセンスされるものです。
  • Adobe PDF Libraryは、いくらかかりますか?
    価格は、ご利用になる目的(自社用途または販売用途)、使用機能、稼働構成などによって異なります。詳しくはイーストまでご相談ください。
  • 評価用製品を入手することはできますか?
    ご検討中のお客様のために、30日間ご利用可能な評価用製品のご提供を行っております。所定の手順に従ってお申込みいただく必要があります。ご希望の場合は、イーストまでお問合せください。
  • サーバーベースのアプリケーションでAdobe PDF Libraryを使えますか?
    はい、使えます。Adobe PDF Library は、PDFの機能をサーバアプリケーションに統合するためには理想的なソリューションです。Adobe PDF Library を使うことによって、アプリケーションは、サーバ環境にてPDF文書をダイナミックに生成し、アクセスし、操作し、印刷することができるようになります。Adobe PDF Libraryを使って開発されたアプリケーションは、Acrobatや他のAdobe製品がなくても動作させることができます。
  • Adobe PDF Libraryがサポートするプラットフォームは何ですか?
    Microsoft® Windows® (32 bit and 64 bit), Mac OS (32 bit), Sun™ Solaris™ (SPARC® 32 bit and 64 bit, x86 32 bit ), Linux® (32 bit and 64 bit), IBM® AIX® (32 bit and 64 bit), HP-UX (Itanium 32 bit and 64 bit, PA RISC 32 bit and 64 bit).
  • サポートは行ってもらえますか?行ってもらえる場合、費用は掛かるのですか?
    はい、サポートはイーストを窓口として実施いたします。メンテナンスサポート料はライセンス料と別に年単位でお支払いいただきます。メンテナンスサポート料には、お問合せ対応の他に、バージョンアップ版(メジャーバージョンアップも含む)の提供も含まれます。
X
Cookie を利用することで ウェブサイト上の体験が改善されます。
当社のウェブサイトを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。
確認