Sitecore Experience Platformとは?

Sitecore Experience Platform(サイトコア エクスペリエンス プラットフォーム)では、理想的なオンラインマーケティングを実現するために必要なコンテンツ管理・アクセス解析・マーケティングオートメーションなどの機能を全てご提供します。

Sitecore Experience Platformは、多言語コンテンツ編集やマルチデバイス対応などWebコンテンツ管理システムに求められる多様な管理機能に加え、サイト訪問者の行動解析やパーソナライゼーション機能などオンラインマーケティング機能が統合されており、Webサイトの管理運用コストを下げる一方で、Webサイトを活用した売上げ向上を図ることができるWebコンテンツ管理システムです。


 sitecoreスクリーンショット01sitecoreスクリーンショット02

1コンテンツ管理

多機能で使いやすい高性能CMS

標準機能としてページの公開、タイマーの設定、ワークフローなどを搭載した、トータルプラットフォームとしてご提供します。


【主なコンテンツ管理機能】
・直感的にサイト更新ができる みたまま編集機能
・デバイスごとのレイアウト設定ができる マルチデバイス対応
・画像、OfficeやPDFファイル等のメディアファイルを管理するメディアライブラリ
・管理ツール、コンテンツの多言語対応
・言語やロケールごとのバージョン管理

2アクセス解析

「お客様を知る」それが商談成立のカギ

ソーシャルメディアの出現により、お客様が商品やサービスを購入する前の情報収集や、入手した情報による比較検討に費やす時間が長期化しています。マーケティング活動にオンラインマーケティング施策を取り込むことで、お客様の購入意思を後押し早めることが可能になります。

検索キーワードはまさにそのサイト訪問者の興味そのものと言えます。検索キーワードや閲覧履歴から見込み顧客の興味範囲を正確に把握した上で営業活動を実施すれば、提案の訴求力が向上します。

ページ遷移やランディング(入口)ページの分析・改善により、コンバージョン率の向上が図れます。ECサイトであれば、平均取引額の増加や新規顧客の獲得が見込まれます。

資料ダウンロードやコミュニティへの参加など事前に設定したゴールを達成したサイト訪問者を営業担当者に通知することで、最適なタイミングで営業活動を行うことができます。

3マーケティングオートメーション

マーケティング担当者と営業担当者との「ギャップ」を埋める

オンライン上で得られる情報に対して、「最適な情報」「最適な方法」など期待されることが非常に高度になっています。効果的かつ効率的に、お客様からの期待に応え購買意欲を刺激するためには、マーケティングオートメーション機能が必要です。

見込み客は複数のコミュニケーション手段を通じて企業の情報を入手しています。
従来の手法に囚われずに、様々な手法を戦略的に駆使してお客様とのきずなを構築できる企業が、競合他社よりも優位な立場に立つことができます。

4クラウド(Microsoft Azure)環境の活用

クラウドコンピューティングで国際競争力を強化

クラウドを活用することによりIT基盤に対するコストを削減させる一方で、短期間での基盤構築が可能となるため新市場へのスピーディーな進出が可能になります。

ネットワークからアプリケーションまで一元的なセキュリティ管理が可能となります。
ビジネスの成長に合わせて柔軟に拡張させることができます。

サイトコア社とイースト

サイトコア社のソリューションは世界各国の大手企業や政府機関で採用されており、世界50か国、32,000以上のWebサイト構築に使用されています。 ⇒ サイトコア社のWEBサイト

イーストは、サイトコア日本法人が設立した当初からパートナーとなり、得意とするWindowsテクノロジー(.NET)をベースに、お客様に最適なWebサイトをご提供しています。


【イーストの体制】
・Sitecore 8 認定デベロッパー :5名
・サイトコア開発経験者    :約20名
・.NET開発者         :約60名

資料請求・お問い合わせはこちらから

イースト株式会社 営業部
受付時間 (土日祝祭日除く) 10:00~12:00 / 13:00~17:00

お電話はこちらから03-3374-0552