Office IVS (IVS Add-in for Microsoft Office)

概要

「IVSフォント利用ライブラリー」の機能を利用した、Office用アドインソフトです。
IVSフォント非対応のOffice環境で、IVSフォントが使えるようになります。
Windows Vista/7/8上のMicrosoft Office 2007、2010のWord/Excel/Power Point で、 IVSフォントの異体字が使えるようになります。

特長

Office IVSを使うと…
・IVS非対応環境で、IVS文字の表示、印刷、入力が可能になります。
・入力補助ツールにて、コード、親字、部首、読み、画数で検索できます。
・入力後IVS文字を含んだ状態で文書保存ができ、保存した文書は通常のIVS環境と互換性があります。IVS文字を含んだOffice文書を開いて、表示することができます。

Office IVS動作環境

Windows Microsoft Windows Vista、Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 8
Office(Word/Excel/Power Point) Microsoft Office 2007、Microsoft Office 2010
対応する異体字文字コレクション(IVSフォント) Hanyo-Denshi(汎用電子情報交換環境整備プログラム)= IPAmj明朝フォント(Ver.002.02)
検索可能コード Unicodeコードポイント/区点コード/戸籍統一文字番号/住基ネット統一文字コード/登記統一文字番号/MJ文字図形名/グリフ名(平成明朝/CID)

販売について

個人の方は無償でご利用になることができます(※ただし製品サポートはございません)
ご希望の方は下記のページよりお申し込みください。

ダウンロード申込み



ご利用例

WordなどOfficeのアドインソフトとして起動。


各種条件にて文字検索が行えます。


選択すると文書画面に入力されます。