イーストの歴史

1985年の創業以来、「パーソナルコンピュータとともに」をテーマに常に新しい技術開発に取り組んできました。そして今、「先端と、安定と」の名のもとにあらたなステージを切り開いていきます。

イーストの歴史

1985年、渋谷区神宮前で創業した当時は、社員わずか8名でのスタートでした。それから30年の間、時代の流れを先取りするかのように、次々と新しい技術をもとにしたサービスや製品を開発し続けています。

安定した会社組織として発展していくことはもちろん、創業当時のベンチャーマインドを持ち続けること。それが、イーストの歴史を作ってきました。

2010年代

2015年 11月 総務省が後援する「縦書きWebデザインアワード」を開催
10月 問題集+学習履歴「クラスメイト・スタディ」Azureでサービス開始
8月 XML1.0策定メンバーの村田真氏が技術顧問に就任
3月 iPad向け学習辞書アプリ「DONGRI (ドングリ)」、17辞書で販売開始
2014年 10月 どこでもラジオ英会話」発表、auスマートパス ベストアプリ2014を受賞
JTBパブリッシング、電子書籍販売サイト「たびのたね」サービス開始
5月 NewsBox日刊スポーツ印刷社の組版システムと連携
4月 佐賀県立高校新1年生7000名のタブレットに辞書アプリを提供
3月 旺文社英検予想問題ドリル」をauスマートパスで公開
2013年 12月 日本有数の購読者を持つメルマガ「津田マガ」に EPUB制作支援ソリューションを提供
8月 旺文社の「小学生向け国語辞典・漢字辞典」をWindowsストアで発売
4月 個人電子出版を支援する実験サイト「ぽから」公開 Amazon KDPでの電子出版を代行
漢字力がアップする! 『ゆび書き漢検+新漢語林MX』をauスマートパス向けに提供
2012年 12月 auスマートパス大辞林が、JEPA電子出版アワードのオンライン・サービス賞を受賞
11月 創業以来の技術テーマ「外字」について、日本マイクロソフト社と「Office IVS」を発表
HTML5電子出版の実験3サイト公開「MintReader」「CliWiki」「miruzo」
10月 Windows 8に対応した辞書アプリ「大辞林」、「ジーニアス」をWindowsストアで販売
3月 auスマートパス向けに大辞林、ジーニアス英和・和英の提供を開始
「デ辞蔵」で話しことばのバイブル、「NHK日本語発音アクセント辞典」発売
2011年 8月 EPUB3コンテストの優秀作品4点を公開、SMIL対応の音声読み上げも
6月 学習英和のトップランナー「ジーニアス英和辞典・和英辞典」デ辞蔵Android版で発売
3月 スマートデバイス用EPUB/PDFビュアー開発キット、Adobe Reader Mobile SDKを販売開始
デ辞蔵Android版 au コンテンツワード2011で優秀賞を受賞
2月 辞書アプリ「デ辞蔵PC」の最新版。様々な辞書を追加できるデ辞蔵ストアをオープン
1月 EPUB日本語拡張仕様策定により、ブラウザーでの縦書きが進行中
2010年 6月 業務に使える高品質画像データ集「家紋倶楽部4000」販売開始
4月 食品業界紙「日本食糧新聞」のiPhoneアプリ「食の情報源 by 記事蔵」を発売!
米DatalogicsとAdobe PDF Libraryの日本展開で提携

2000年代

2009年 11月 データベース検索/更新/開発ツール「SkyLink Ver.10」発売
10月 Unicode外字ソリューション KanjiLink XKP Ver.3.0発売
iPhoneアプリ「共同通信ニュース by 記事蔵」を発売
6月 Longman英中・中英辞典をiPhone版、Android版世界同時発売
1月 JTBとイースト、Azure上で稼働する「Toripoto」体験サイト公開
2008年 12月 辞書ソフト「デ辞蔵」業界に先駆けiPhone版発売
10月 電子新聞ソリューションで、マイクロソフト アワードを受賞
1月 黎明期であったAndroidを使いアプリケーション2点を発表
2007年 12月 ガジェットなど50点の新技術を自社のWeb2.0実験サイトで公開
8月 中国無錫市に合弁会社Estina.cnを設立
4月 オランダiRex社と電子ペーパー端末iLiadで業務提携
2月 Sun、リクルートの「マッシュアップ・アワード」に参加
2006年 8月 WikiPedia WebAPIを公開し、W-Zero3に提供
4月 欧文印刷と提携しブログ製本・印刷「MyBooks.jp」開始
3月 下川和男が代表取締役社長に就任
2005年 12月 KDDI とau SOAP on Brew 実証実験を開始
10月 ソースネクスト社より「まるで手書き」を販売、ヒット
9月 ヴァル研究所と提携し、経路探索Webサービス「RailGo」開始
3月 ソーシャルネットワーク+ブログ「BizPal」サービス開始
2004年 10月 松下電器と提携し、Tナビ向け辞書配信を開始
6月 大学向け辞書配信サービス「eRef」を開始
Adobe本社と提携し、PDFライブラリ販売
4月 有斐閣 法科大学院向け「Vpass」スタート
2月 WebサービスGIS「GeOAP」で東京ガスグループと提携
知財管理ツール「TL王」を慶応義塾大学と共同開発
2003年 10月 電子書籍ビジネスコンソーシアムの設立に参加 事務局も担当
2月 慶応義塾大学と提携し手書き文字フォント生成「おれん字」開発、販売
1月 国立国語研究所「JiBOOKS」プロジェクトに参加
2002年 11月 講談社小学館と「ニューグローヴ世界音楽大事典Web」開発、運営
8月 Windowsデータセンター業務を本格的に開始「.NETデータセンター」
6月 新聞ニュース編集システム「NewsBox」開発、販売
5月 紀伊國屋書店の14万字 漢字ソリューション「文字鏡WEB」を開発、運営
2001年 8月 Webサービス体験サイト「JTB Business Travel」を一般公開
1月 三省堂の辞書引きサービス「WebDictionary」開発、運営
XML全文エンジン「BTONIC」開発、販売
2000年 3月 官報XML化、12万ページを担当 社内にXMLドキュメントが溢れる
XMLコンソーシアムの設立に参加(発起人、理事、部会長)

1990年代

1999年 11月 マイクロソフト株式会社が資本参加
9月 人名外字シリーズ発売開始 家紋ケータイ絵文字も投入
日本電子出版協会(JEPA)と共同で書籍交換XMLJepaX」を策定
1997年 9月 日本書籍出版協会の書籍Web検索「Books.or.jp」を開発、運営も担当
1996年   「ViewIng」、「ViewDic」辞書バンドルビジネスがヒット 多くのパソコンにOEM
12月 渋谷区代々木2-22-8(現所在地)に移転
7月 カナダPivotal社とWindows CRMソフトの代理店契約を締結
1995年 2月 WindowsNT漢字処理技術協議会に参加 「KanjiLink XKP」として製品化
1994年   Windows DTP用 PostScriptプリンタドライバ「PS Print」を開発 ヒット
1993年 GO社 PenPointOS用ソフト「Numero!」(PenMagic社)代理店(1年でGOが消滅)
7月 年賀はがきの当選番号チェック「大当たり」提供開始(Web版1997年1月から)
1992年   メインフレームDBとWindowsクライアントをつなぐ「SkyLink」を開発 ヒット
12月 Windows版初の毛筆葉書ソフト「Mr.Postman」を開発 ヒット
10月 WindowsNTの開発で社員5名をシアトルに派遣(WOW部分を担当)
8月 中国・黒龍江大学との合弁会社設立 黒龍江伊思特信息技術有限公司
4月 日本語パーソナルDTPソフト「PagePro」 を開発
1991年   Windows版カナ漢字変換E1Win」を開発
8月 Microsoft Windows 3.1 PDC(シアトル)に社員を派遣(日本人参加者2名)
1990年   Sharp X68000用のマルチメディア簡易編集ソフト「HyperUD」を開発
1月 Windowsコンソーシアムの設立に参加(後に8年間、副会長会社)

1980年代

1989年 Windowsのプリンタドライバ開発で独占的な地位を占める
BTRONを使用した日本語ワープロ「Panaword 6000」を受託開発
1988年   Windows2.0上で初の日本語ワープロ「TextWriter」開発
アシストワードの海外版「EW+」(定価80,000円) 欧米でヒット
東大版PostScriptの開発に参加 ソースプログラムを書籍として販売
DTPソフトAldus PageMaker代理店(1年間)
1987年   MS-DOSのISAMツール「EISAM」、C言語ソース販売「C1」、「C2」を開発
10月 AX協議会に参加 多くのパソコンメーカーの技術者と交流
1986年   アスキー社からの大量発注
・統合ソフトA1(エースワン) 三菱Multi-16CP/M-86から、PC-9800MS-DOSへの移植
VJE-80 MSX用のカナ漢字変換
・The WORD シンプル操作のワープロ (後に「アシスト・ワード」でヒット)
1985年 5月4日 イースト株式会社を設立し、丸山雄三が社長に就任
渋谷区神宮前、社員8名、資本金1000万円